葉酸は妊活中・妊娠中の女性に必要なものです

妊娠前に葉酸を蓄える必要性

葉酸は妊娠中、胎児の成長に必要な物質であるとともに、健康な母体を保つ効能があります。

葉酸は普段の食生活から摂ることが望ましいですが、そうもいかない場合も多々存在します。
そんな時は、葉酸サプリメントを摂取することをお薦めします。

妊娠してから摂るべきか?妊娠前に摂るべきか?

葉酸サプリメントから葉酸を摂取するには、妊娠する前に摂取するのと、妊娠してから摂取するべきなのかという疑問の声をよく聞きます。
答えを先に述べると、葉酸サプリメントは、妊娠前に摂取し、身体に葉酸を蓄えておくことが望ましいです。

葉酸が身体に蓄えられてから、効果が発揮するのは1ヶ月ほど掛かります。
よって、妊娠を考えている場合は,妊娠1ヶ月以上前から葉酸サプリメントを摂取するべきでしょう。

また、妊娠後、母体内の胎児は二分脊椎症や無脳症などの、先天的な病に罹る危険があります。これらの病気はだいたい、妊娠7週間の間に見られることが極めて高いです。

よって葉酸サプリメントを妊娠前に摂取することは、妊娠後のこういった胎児の発育に害を及ぼす機会を軽減することに繋がります。

葉酸を体内に蓄えることは、胎児の発育の手助けをするだけでなく、母体を貧血などの疾病から護ってくれることも期待できます。

以上のことから、妊娠を考えている方は、妊娠をする前に葉酸を摂取しておくことをお薦めします。

妊娠直後から3ヶ月目までの葉酸摂取量

葉酸は妊娠後の胎児の発達などを考えると、サプリメントなどで妊娠前に蓄えておくことが重要といえます。
なぜなら、葉酸が体内にて充分な効能を発揮するのは、摂取から1ヶ月程度といわれているからです。

妊娠後、母体内の葉酸が充分なものでない場合、胎児は二分脊椎症や、無能症を発する危険性が極めて高いものになります。
これらの症状が多く見られるのは主に、妊娠7週間までの間とされます。

母体内の胎児は、妊娠直後から、妊娠3ヶ月目くらいまでの間、神経器官が急激に発達しております。

よって、妊娠から妊娠3ヶ月目までの間は、特に葉酸を身体に蓄積しておく必要があります。

妊娠直後から、妊娠3ヶ月目までに摂っておきたい葉酸の量は、400μgといわれております。

葉酸サプリメントは、この基準に満たされるように、1粒100~400μgと微量の調整がなされております。

普段の食生活において、緑黄色野菜などから葉酸を摂る他、こういったサプリメントで補ってあげることが、健康な母体を作る要となります。

葉酸は摂れば摂るだけ、身体に良いというわけではなく、400μgを超える葉酸摂取は過剰摂取となります。
葉酸をサプリメントで補う場合は、過剰摂取にならないように、適量を摂取することが望ましいです。

葉酸サプリはこちらのサイトを参考にしてください
葉酸サプリ比較ランキング|妊娠・妊活の女性が選ぶ葉酸サプリ

ページのトップへ戻る